インサイトスコープ

数字から見えるFacebookのムコウ側

By

Facebookのプロモーテッドポストとスポンサー記事、効果はいかほど?

あなたはFacebook広告を出稿したことがありますか?Facebook自体の効果がまだ社内で実証できていない、無料のFacebookにお金をかけることを躊躇してしまう…という方でもぜひ一度チャレンンジしていただくことをおすすめします。

そもそもFacebook広告は少額&小単位から始められるので「試してみる」ハードルは低いのではないかと思います。無料で長く時間をかけていたものも、少しお金をかけることでページの成長を加速することが可能なのです。

今回はSPINSUNUKSの『How to Get Results with Facebook Ads』から、Facebook広告のなかでもパフォーマンスが高いと言われているプロモーテッドポストと投稿を広告として活用するタイプのスポンサー記事の効果についてお伝えしていきます。

 

投稿を活用した広告とは

ここでご紹介する広告は『プロモーテッドポスト』と『スポンサー記事』です。『プロモーテッドポスト』は投稿を、ユーザー(投稿がリーチしなかったファンとその友達)のニュースフィード上に露出する広告で、自然に投稿が流れてきたかのように見えることが特徴です。

『スポンサー記事』友達の影響力を活用してFacebookページや投稿を宣伝する広告のことです。はあなたも下記のように、『●●さんが(ページや写真)を「いいね!」と言っています』表示されているのを見たことはありませんか。

 

リーチ、クリック、問い合わせなど実際の効果

「Facebookの広告の真の力は、リーチです」と言う引用元記事の執筆者ジェニファー・マクドナルドさん。今回例としてデータを公開する対象ページEngage121のFacebookページを運営している方です。まだファン数が1,000台と比較的小規模ページなので、広告初めての方も参考になりそうですね。


それまで1ヶ月の間に、63の投稿に合計21,309のリーチがあったようなのですが、そこから7つの記事にプロモーテッドポストを使ったことにより総計314,912までリーチを増やすことができたようです。

さらに同時期にスポンサー記事広告も実施し165人のファンを獲得したとのこと。似たような期間で広告なしだった時に比べるとページを訪れた人から65人のファンしか獲得できなかった、ということなので2.5倍ファンが増えたということになります。

グラフ化してみたのですが、こうして見るとかなりの差ですよね。二種類の広告を同時期に実施したことも相乗効果を生んだのではないでしょうか。

最終的に30日間の広告出稿で得られたのは、425,000のリーチ311件のクリックそして総費用は?たった50ドル。クリック単価(CPC)にすると約16セントということになりますね。安い!

ちなみにこのページではこんな試みもしていたようです。
Engage121は不動産業者に当社のソフトウェアの90日間無料試用版を提供しており、このプロモーションのために、ウォールに下記のようなトライヤルキャンペーンを共有。

この投稿を広告(プロモーテッドポストかスポンサー記事かは不明ですが)として使用した後、289件のクリック13件のトライアルに関する問い合わせを得たようです。投稿自体には(当時)26件の『いいね!』と5件のシェア、20件のコメントを得たとのこと。

その『いいね!』やコメントの件数などの投稿自体への反応はリアルタイムに広告の画像の下に表示されるので、反応が得られるほどに、他の人からもその広告が支持されていることが伝わるのです。

この事例は、広告を利用していなかった場合の数値がないので比較できないのですが、安い単価で問い合わせまで獲得できるのは嬉しいですよね。
今回の事例は海外のものでしたが、これを国内で数値つきで知りたいですよね。このブログでもご紹介できるように色々試してみているので、いつかまとめてアップしていきたいと思います!

 

◆こんなご要望をお持ちではありませんか?◆
・Facebookページを作って運用を始めたい
・投稿にもっと「いいね!」やコメント、シェアを集めたい
・Facebookページを売上につなげたい など

Facebookページの企画・運用・効果検証についてのご相談や、
出張セミナーに関するお問合せなどはこちらからご連絡ください。